新しい総裁。新しい総理大臣

  • 2020.09.14 Monday
  • 21:37

 

菅義偉新総裁が誕生しました!

 

間もなく第99代内閣総理大臣の誕生でもあります。

 

というわけで、懐かしい菅義偉さんとの創誠天志塾勉強会の写真をアップ!

 

 

自民党本部での2012年10月23日のもので丁度8年前です。

(私は、向かって左端の一番前。むっちゃ若い^^;)

党員投票

  • 2020.09.06 Sunday
  • 03:07

 

帰宅したら総裁選挙の投票用紙が届いていた。

私の考えは、今回は、1年限定の総理・総裁であるし(来年9月に総裁選が必ずある)、世界的にも日本においても緊急事態の状況であるので、従来の党則通り、両院議員総会で結論を出してもらえばいいと思っていた。

ところが急遽、 都道府県連の予備選という形ではあるが、党員投票が行われることになった。

有難くこの一票を大切にしたいと思う。

 

最も貴いもの

  • 2020.08.30 Sunday
  • 01:43

 

安倍さんの思い出が次から次へとあふれるほどあって、幸せいっぱいになった。

 

ふと、オスカー・ワイルドの童話「幸福な王子」を思い出した。

 

安倍さんは、幸福な王子なのか、あるいは、ツバメなのか。

 

どちらも街の人達に、ゴミ捨て場に捨てられてしまう。

 

最後に、「王子の心臓」と「ツバメの死骸」は、「最も貴いもの」として、天国へと導かれる。

 

 

安倍総理の辞任

  • 2020.08.28 Friday
  • 21:15

 

衝撃が凄すぎて。

取引先の方から電話が入った時も・・・。

私「その件でしたら、これこれで対応しています。念の為、こちらからも催促します。・・・てっきり、安倍さんの辞任の事で電話を頂いたのだと・・・」

取引先「え!ちがう!ちがう!」

私「ショック過ぎて、速報が入ってから、必死に目の前の仕事をしていますよ。」

取引先「そんなにショックなの?」

私「もうヤバイですよ。お昼を食べていないけど食欲が一気になくなって、何も食べたくないけど、今無理やりお昼のお弁当を食べています。」

取引先「別に変わんないでしょう?」

私「変わりますよ!たぶん緊急だから、党員とか含めた党大会じゃなくて、国会議員だけの両院議員総会でしょうから、○さんとか無理だし、○さんだと思う。せめて○さん・・・。あ〜〜〜〜。ダメです。ショックです。安倍さん以外考えられません。」

そんな会話を取引先とチラッとした。

 

-------

 

思考停止状態になり、続きのお弁当を食べていると、先日ご近所をご契約頂いたお客様が顔を出された。

何も言葉が出ず、じ〜とお箸を持つ私の姿を見て、「あ!食事中ならいいです!」とおっしゃる。

私「お急ぎでしたら・・・」と、やっとひとこと言いながら、箸を置く。

お客様「大丈夫!大丈夫!店に寄ったついでに顔を見にきただけ!」と帰っていかれた。

 

-------

 

先ほど、安倍総理の辞任の会見を見た。

深々と頭を下げる安倍さんを見て・・・涙。

地球の危機、日本の危機。

今や世界のトップ級のリーダーの一人である安倍さん以外に誰が、この国難を乗り越えられるのか。

そう考えると、あまりに安倍さんの肩に何もかも乗せ過ぎたのだ。

本当に申し訳ない。

安倍総理!ありがとう!ありがとうございます!

むちゃくちゃ悲しいし、つらいけど、安倍さんに対しては、本当に感謝の言葉しかない。

あまり詳しくないのだが、任期はあと1年。

となると、任期切れまで「衆議院選挙」は行われない。

次の総理は1年限定になるという事かな?

だんだん気持ちが落ち着いてきた。

安倍さんゆっくり休んでください。

まだまだ世界は貴方を待っている。

 

生きざま

  • 2020.07.19 Sunday
  • 22:51


本日は、中川昭一先生が生きていれば、67歳の誕生日。
そんな日に、青山繫晴さんの東京での独立講演会が半年ぶりくらいに開催された。
生きている人の中では、最も尊敬している人は、青山繁晴さん。
亡くなった方の中では、中川昭一先生。
・・・と私はしつこく言い続けている。

青山さんに接すると、背筋が伸びる。
自分の生き方を問われて、少しでも青山さんに近くなりたいと思う。

誹謗中傷どこ吹く風。
金も地位も名誉もいらない。
無駄に死ぬ。
天は見ている。

また今日も覚悟した。
(毎度、覚悟しているのだが、すぐにダメダメになってしまう)

 

■写真・・・講演会から帰ると、駅ビルでマザーと偶然に遭遇!お気に入りのカフェで食事した。私はその後、仕事へ。

 

都知事選挙

  • 2020.07.05 Sunday
  • 23:05

 

ここのところ、毎度「東京都知事選挙」は、ハゲになりそうなくらい悩んでいる。

あ〜。素直に「石原慎太郎」と書いていた頃が懐かしい。

 

でも絶対に棄権はしない。

選挙に行かず、政治にブーブー言うのはルール違反だと思う。

 

それに、一票入れるということは自分にも責任の一端を担うことになるので、関心を持つことになる。
考えることになると思う。
無関心になったら、何かの拍子にあっという間に洗脳されて終わりだと思う。

100%の人なんていない。
その中でどういう選択をするかは、その人の生き方も表すと思う。

 

・・・そうは言っても、今回は苦しんだ選挙だった(^^;

 

まだ何もしていない

  • 2020.06.21 Sunday
  • 23:58

 

年も年だし、もう少し普通の働き方、生活の仕方へ変えていこう・・・と思った矢先。


この青山繁晴さんの動画を見て、めらめらと奮起し、私は何を甘っちょろい事を考えているんだ!
バカ!あんぽんたん!
まだまだ何も出来ていない!
力を尽くしていない!

 

青山さんも安倍総理もこんなにも「無私」の精神で生きているのだ。

青山さん!安倍総理!
それに底抜けに明るい麻生さん。

 

同じ時代に生きている喜びとともに、背中を追いかけていきたい。

 

青山さんラストDAY

  • 2020.04.20 Monday
  • 22:44

 

超〜久しぶりに「虎ノ門ニュース」を最初だけ拝見。
今日は、青山繁晴さんのラストの日。
青山さんの挨拶のところだけ観ました。

青山さんの回は、第一回からかかさず全て拝見していました。
本当に本当にありがとうございました!!!

■青山さんの日めくりカレンダーの今日20日の言葉。
みんな、もう一度、目を覚ましませんか。これがぼくらの国ですか。共に頂く理想が無ければ・・・(略)

■青山さんのブログ(2020-04-18 18:17:17)の言葉。
脇を見るな。闇を避けるな。
みんなと一本道を往け。

 

---------

 

なかなか自らの魂磨きが進まない日々ですが、いっぺんに背伸びせず、出来ることからジリジリとやっていこうと思います。

「脇を見るな。」・・・この言葉いいなぁ〜。

 

■写真・・・ある分譲マンション(それぞれ違うマンションです)の敷地内でパチリ。

 

 

女系天皇を認めれば「異質の王朝」を生む

  • 2019.10.23 Wednesday
  • 14:08

 

本日10月23日(水)、「日本の尊厳と国益を護る会」は、男系の皇位継承を堅持する提言を発表した・・・とのニュースを見た。

以前から「女性天皇」と「女系天皇」の違いが分からない人達がとても多いのに残念に思っていたが、国会議員でさえ違いが分からない人がいると聞いて、本当に驚いて、クラクラめまいがするようだった。

「短く、かつ危機感を持って、どう説明したらいいのだろう?」とずっと思っていた。

今日のニュースを見て、「あ!分かりやすい!」と思った。
『女系天皇を認めれば「異質の王朝」を生む』

そう!
そう!!!
こういうことを言いたかったのだ!

 

<引用>--------------------------------------
10/21(月) 14:57配信 産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00000538-san-pol
自民党の「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」(代表幹事・青山繁晴参院議員)が、皇位の男系継承堅持のための具体策を提言するのは、政府が今後本格化させる安定的な皇位継承に向けた議論の中で、前例のない女系天皇への道が開かれることを危惧するためだ。提言を安倍晋三首相に直接手渡すことで政府の動きを牽制(けんせい)する狙いもある。

 皇統は126代にわたり、父方の系統に天皇を持つ男系で維持されてきた。女性天皇は10代8人いたが、いずれも父系をたどると初代の神武天皇に行き着く男系だ。女性天皇の子が即位した「女系天皇」は存在しない。

 ただ、現在皇位継承順位を持つ年少の男性皇族は、秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さましかおられない。自民党には男系継承を重視する声が多い一方、主要野党には女性天皇や、女性皇族が結婚後も皇室にとどまる女性宮家を認める意見が強い。

 平成29年に成立した上皇さまの譲位を可能とする譲位特例法では、付帯決議で「安定的な皇位継承を確保するための諸課題」などを速やかに検討するよう求め、女性宮家創設を検討対象とした。

 護る会はこうした流れを警戒し、提言案では「二千数百年にわたり変わらず受け継がれてきた、かけがえのない伝統を、ひとときの時代の価値観や判断で断絶することは許されない」と明言した。その上で、一度も存在したことがない女系天皇を認めれば、「異質の王朝」「天皇ならざる天皇」を生み出すと危機感をあらわにした。

 護る会には「女性天皇が民間人と結婚され、その子が即位された場合に王朝が変わってしまう」との意見もあった。提言案では皇位継承議論に関し「性差による優劣を論じるものでは全くない」と強調。「男系」「女系」の言葉を女性差別との誤解を避けるため「父系」「母系」と改めることも提案している。

 提言案では、6世紀前半に在位した継体天皇が応神天皇の5世孫だった例を挙げ、「危機を乗り切る知恵はすでにある」と指摘。今後の具体策として「現在の皇位継承順位は一切変えない」と言及する。

 そのうえで、旧宮家の男子について「了承いただける方には皇籍に復帰いただけるよう、また現皇族の養子か女性皇族の婿養子となられることがあり得るよう、皇室典範の改正または特例法の制定を行う」と主張した。(沢田大典)

 

-----------<引用終わり>

 

中川昭一先生のご命日

  • 2019.10.03 Thursday
  • 22:05

 

10年経ちました。
中川昭一先生が旅立たれてから、なんと10年です。

亡くなられてからずっと後悔の念に苛まれていました。
7年前に自民党本部のホールで、安倍晋三総裁誕生を目の当たりにしてから、ようやく私の胸に突き刺さった苦しみの氷が少しづつ溶けていきました。

 

本日の青山繁晴さんの日めくりカレンダー『まいにち哲学』は、「祖の国に理念あり」というタイトルで、葉隠「武士道といふは死ぬことと見つけたり」を“誰かのために生きよ、さすれば人生は空しくない。”と説明しています。

青山さんは、中川昭一先生が亡くなられた直後の関西テレビのニュース番組「アンカー」にて、中川先生について「死して悔いなし」と一言だけコメントされたと記憶しています。

今でも思いをはせると涙がにじみます。


中川先生が見つめていた世界と志に少しでも近づけるように、私も「死して悔いなし」と思われるよう精一杯生きていきます。

 

 我が祖国 命散らした その人は
   空にいるのか 大地か海か

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM