いついつまでも仕事が新鮮だ

  • 2020.07.10 Friday
  • 23:23

 

今日もいっぱい動いたな〜。
やり残しも沢山あるな〜。
思ったこと書きたいことも沢山ある。

ただ、何か1つを書こうかと思い巡らすと、選べない。
選べないということは、そこまでの書きたい情熱はないという事かな。
1つ1つの出来事は、けっこう意味のある内容だとは思うのだけど・・・。

まっ!とにかくいっぱい働きました。

 

■写真・・・お中元頂きました。小腹空いた時にピッタリで本当に有難いです!

 

きたきたきた・・・。

  • 2020.07.09 Thursday
  • 23:27

 

反響がきた。
きたきたきた・・・。
頭痛がきた。

 

想定していたより「事業用賃貸物件」の「反響」の「(通常時期への)戻り」が早い。
ただ今、当社では新しい体制に整え中で、臨時株主総会(株主は私一人だけど)とか様々な準備中なので、焦る。

 

今日も朝からバタバタ動いていたら、さっきものすごい頭痛がやってきた。
しばらく横になっていたら落ち着いた。
「頭痛持ちだからしょうがない」と思ったけど、なんらからの体のサインであることは確か。
少し身体のことを考えて、明日の予定を急遽変更した。

 

■写真・・・頂いた「鳩サブレー」と「ワッフルラスク」が美味しい!こういう少し硬いのが好みなのかな〜。

 

家賃支援給付金(その3)

  • 2020.07.08 Wednesday
  • 14:02

 

「家賃支援給付金」コールセンターへ電話してみた。
(昨日発表の申請要綱の不明点を問い合わせ)


結論から言うと、申請日(最短7/14)までに有効な賃貸借契約書があれば、すぐに移転してもOKらしい。
極端な話、申請日が7/14の場合、7/15に解約してあったとしてもOK。
オーナーへ連絡はいくが、連絡が入った時点で、既に解約していても問題がない。
大事なのは、2020年3月31日〜申請日の期間、きちんと家賃を払っている実績の証明が出来て、賃貸借契約が有効であればOK。

 

つまり、武漢発コロナウイルスの影響の出ている3/31からのテナント家賃に対しての給付金ということだね。
今すぐ解約しても、解約予告は通常3ヶ月前くらいが一般的なので、仮に今すぐ解約届を出して9月くらいに解約としたら、4月〜9月と約6ヶ月に対しての給付ということになる・・・という考え方かな。


例えば、たまたま7月中に解約の人でも申請日が契約期間中であれば申請出来る。一番短い人は、3ヶ月半の対象期間で、半年分の給付を受けられる。
但し廃業での解約ダメ。あくまで仕事を続行する事が条件。

・・・というわけで、今まで問い合わせや相談がきていた(主に事業縮小による)「移転」希望者の皆さん一斉にスタート!という感じ。


一番早くて8月にまとまったお金が入るので、8月〜9月の契約が増えそう。
今日は「定休日」なのだが、急に動いてきた!

 

<追記>
条件は、5月〜売上50%減か、5月〜3カ月間平均売上30%減の法人が対象となるのだが、「5月から」というのがミソ。色々不正が出来ないように工夫されている。

 

■写真・・・取引先からのお中元。長い付き合いだが、はじめてこの取引先から頂いた。どうしたことだろう(^^;

 

家賃支援給付金(その2)

  • 2020.07.07 Tuesday
  • 23:55

 

今日は、朝から黙々と事務作業。
椅子にずっと座っているので、お尻が痛い!
クッションなどを重ねたり工夫して乗り切った。

そう言えば、今日の経済産業省のホームページをまだチェックしてない。
どれどれ・・・。

 

出てた〜〜〜!
「家賃支援給付金」の詳細!!!


本日の7月7日(火)申請要領を公表と書いてある。

まずは、プリント。
・・・・・どっさりある。
給付金、助成金関係では今までで一番量が多いかも。

さぁ!赤ペン持って読み込みスタート!

 

 

■追記-------------------------


読み終わったけど、肝心の私が知りたい事の記述がなかった。
オーナーへ連絡がいく事は記載がある。
ただ、この「申請のガイダンス」を読む限りでは「給付金」を給付された後に半年以内に移転しても罰則がない気がする。
もしかしたら、家賃の2/3の半年分が給付されるというので、半年間移転が出来ないと思っていたけど、半年というのは、あくまで給付金の金額計算の為の数字であって、「期間」ではなく、政府からコロナ対策の為の「金額の目安」という意味なのかも知れない。
7/14申請受付スタートだから、不備がなければだいたい1ヵ月後に給付がある。
つまり、8月中旬に一括給付がある。
事業縮小による「移転」希望のお客様は、もし、本当にすぐに移転しても問題がないのであれば、
今からすぐに移転先を探し始めるのではないか?

明日、コールセンターへ電話してみよう。
当社の今後の営業活動に大きく左右されるから。

 

雇用助成金・信金さん・新店オープン・家賃支援給付金(その1)

  • 2020.07.03 Friday
  • 22:31

 

東京労働局より「雇用助成金」の入金が本日あった!
スタッフさんへは既に「休業手当」として給与済だが、会社への入金はいつ頃かな〜と思っていたら、申請してから約1ヵ月後の本日入金。
有難い!有難い!

 

-----------------

 

都市銀行〇〇銀行とも無事に契約が終わったので、お世話になった●●信金さんへお礼を言いに行った。
結局、●●信金さんからは相談だけで終わってしまったので、申し訳なく思っていたのだ。
電話で対応してくれた女性は、ぴか一に素晴らしく、とにかく制度を熟知している!説明が分かりやすい!対応が誠実!
こんな人になりたいと思った。
急に伺ったので、いるかいないか分からなかったが、丁度いらして、無事にお礼が出来た。
いつかお付き合いが出来るといいなぁ。

 

-----------------

 

その後に、●●信金さんの近くに開業したお客様の店舗に顔を出した。
びっくりするくらい内装が全然違う!
素敵だった〜〜!
少しお話し出来た。
是非とも長く続いて欲しい。

 

-----------------

 

さて、本日、経済産業省から「家賃支援給付金」広報チラシが発表になったが、今のところ知っている内容だった。
具体的な内容を一日も早く知りたいが、申請受付は7月中旬になりそうとの事だ。
この具体的な内容により、当社の今後が大きく左右される。
当社も給付金の申請をするが、それよりも、今、潜在している「事業縮小による移転」のお客様の動きが変わってくる。

私の予想では、「事業縮小による移転」を考えているお客様は、この「家賃支援給付金」を受けてから移転すると思う。
となると、オーナーへ連絡がいくので、給付を受けた6ヵ月間は、移転は出来ない。

最初の給付対象スタートが、どこからかで違ってくるが、5月以降の業績悪化の方が対象だから、
おそらくスタートが「5月」から家賃給付対象となるのだろうと予想すると、5〜10月分の6ヵ月が給付対象。
10月までは今のオフィス・お店にいると思う。
新しい場所を借りるとしたら、約2週間〜1ヶ月ダブったとして、10月初旬〜中旬に入居希望。(店舗の場合は、内装があるのでもう少し前倒し)
そうなると移転先探しは、9月あたりからかな・・・。
対象給付家賃スタートが、6月7月と後ろになった場合、それにともなって全体に後ろになる。

又、もし、給付金をもらって、すぐに移転しても罰則がないようなら、一斉に動き出す。

そういうわけで、じ〜と「経済産業省」の動きを見守っているこの頃である。

 

■写真・・・会社の2つのパキラのうち1つ。蜜を含んでいる。

 

最低でも1本(1億円)

  • 2020.06.26 Friday
  • 21:02


本日は、三大メガバンクの1つ都市銀行〇〇銀行との契約があった。
5月下旬、「渋谷区中小企業事業資金融資」の「あっせん書」到着後に、口座のある〇〇銀行へ電話。
初日は電話で4時間。
その次の日からも何度も電話&訪問&来店等々・・・の手続きを踏み、ようやく契約までこぎつけた。

 

さて、今さらなのだが、こんな動画を発見した。

 

■オタク会計士ch【山田真哉】2020/06/08公開

【金額は?報酬は?】コロナ融資について専門家にぶっちゃけどうか訊いてみた【初心者・個人事業主・中小企業】


 

この動画を見て、最初のたらい回しの理由が分かった。
メガバンクでは、最低でも1本(1億円)の融資じゃないとお話にならないらしい。

 

私、よく頑張ったよ(笑)

スッポンのように食らいつき、コバンザメのように相手から離れず、蛇のように執念深く・・・。

そして、ミジンコのような当社の為に〇〇銀行の皆さんがとても尽くして下さり、本当にありがとうございました。

いや〜。
有り難い!有難い!

 

■そして今日は、昨日より更に歩いて、13,000歩越え!

 

 

一人親方を目指して

  • 2020.06.24 Wednesday
  • 23:28

 

今日は定休日だが、おばあちゃんになっても不動産屋が出来るように下準備の為の一日。

有り難くも色々な人に支えられて、一人前の一人親方を目指すぜよ。

 

あら!時計を見ると夜9時!
あはは。
洗濯が・・・。
次の日曜日は、洗濯の日にしよう。
 
明日は内見が入っている。
このところのお客様の特徴は「様子見」・・・。

引っ越し理由は、移転・縮小がほとんど。
おそらく様々な協力金、助成金、補助などの入金があってからはじめて本腰をいれると思われる。

 

不動産屋は、本当に社会の縮図を垣間見る仕事だ。
とても面白い。

 

■写真・・・今日はピンクのサボテンが咲いた。

 

労働保険

  • 2020.06.23 Tuesday
  • 13:08


東京労働局へ行ってきた。
昨年度は、スタッフの入れ替わりが激しくて、労働保険の計算が複雑。
算定基礎賃金集計表は作成したけど、実際にいくら納付すれば分からないので、今日はこの先の相談。

たぶんベテランの方に当たった!ラッキー!

 

過去に、新人さんにあたって、桁数を1つ間違えて、●十万円の納付額になってしまった事がある。
その頃は、私もよく分からず「労働保険って、こういうものなの?これじゃ無理。人を雇えない!」と思った。
その後、一桁間違いが判明して正しい金額を納付出来た。

 

今日はベテランさんだっけけれど、それでも、ややこしかったようで、他の人よりとても時間がかかった。

無事に納付金額の計算を終えて、納付完了!

毎年、書類作成なども含めて、丸一日作業で大変だけど、たまには自分の「本籍地」千代田区に来るのも悪くない。
(ちなみに、本籍のその場所は、単純に父が上京した時に住み込みで働いていた住所なので、私自身は全く知らない^^;)

 

目に見える部分の仕事だけじゃない

  • 2020.06.22 Monday
  • 17:35


お昼は、いつもは500円の宅配弁当をお願いしている。
今日は昼前から外出があったので依頼しなかった。

4時頃、グ〜とお腹がなった。
あ!お昼食べていない。

この時間は、コンビニしかない。
だからこそ、手が空いた時間に食べれるように宅配弁当を頼んでいるのだ。

少し前までは、近隣のお店で、中途半端な時間もテイクアウトをしてくれたが、今は、テイクアウト自体は続行していても、時間帯はお昼か夕飯時。

あきらめて、コンビニへ行こうと思ったが、ふと最近出来た定食屋さんをのぞいた。
お客さんは0。(4時だもんね)
なんと!テイクアウトは、営業時間内ならやってくれるという。

 

「赤魚の西京漬け炭火焼弁当」 税込750円

 

 

美味しい!・・・美味しすぎる!(涙)

いつもの宅配弁当500円。
今日の弁当750円
250円も違う。
・・・でも、美味しすぎる。悩む。

 

--------

 

今日は、営業仕事の合間に、「労働保険の算定基礎賃金集計表」と「日本年金機構の社会保険算定基礎届」の書類作成。
今週か来週あたり「労働局」へも行かなければ。

 

 

辞めたスタッフさんの源泉徴収票も送った。

あと、○○銀行の審査がやっと通過したので、また書類を集めて、契約へ行く大事な用事もある。

 

あ〜〜〜。
本当に降るよう次から次へと、営業以外の仕事がある。

魔夜峰央の娘ちゃんのエッセイ漫画に、バレエ教室をママさんが経営&先生をしていて、
娘ちゃんが、バレエの先生の仕事の他に、ホームページからクラスのスケジュール調整から細々とした事を全てやっているエピソードがあった。
ところが、ママさんが、認めているのは、バレエの先生の部分だけ。
その他の細々とした仕事は、仕事として認めてくれず、娘ちゃんがもやもやしたくだりがあった。

分かるなぁ。
目に見える部分の仕事だけじゃないんだよね。

 

--------

 

よっしゃ!
私自身が元気なら、いつもの宅配弁当(朝、判断が必要だけど)。

ちょっと、身体と心が下り気味の時は、今日の定食屋さんのお弁当にして元気をもらおう!

 

一人親方へ

  • 2020.06.20 Saturday
  • 23:43

 

人を雇用するというのは、本当に難しいし大変だ。


例えば「育てる」という一点だけに絞ったとしても、並大抵のことではない。

更に会社の場合は、育てて、そして、それが費用対効果があるのか、生産性を上げられているのか・・・。

 

当社が設立してから、何人ものスタッフさんと縁があった。

私は、頭が固いのか、真面目過ぎるのか、法人としての義務を必ず小さなことから大きなことまで、全て果たす。
人を雇用すると、様々な義務が生じる。
この全て遂行しないと気が済まない。

この対応に(売上をあげる存在の)私自身が行うので、機会損失を発生させてしまう。

 

だからこそ、通常は売上を上げる存在の営業を雇用する。

過去に一度だけ営業を雇ったが・・・・・・。

これに懲りて、今は、営業は私一人が行う。
バックオフィス業務は、スタッフさんに行ってもらう。


この図式が完成して数年。

このバックオフィス業務に対しても私は完璧主義で、行き詰る事が多い。

先日、取引先の方と話していて「ミスはある程度、許容しないと、自分の仕事が広がらない。」と言われた。

 

分かる。
もちろん分かる。

 

ただ・・・どうも、私の仕事のやり方は、経営者ではなく職人なのだ。

職人として、「一人親方」として、この業界を生き残る方法を考えている。

 

■写真・・・夜になると足がむくむので、マッサージ。

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM